ヤフー、2013年に引き続き「提携・出資説明会」を開催

岩本有平 (編集部)2014年01月09日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年2月、自社との提携や出資受け入れを検討する企業向けに「Yahoo! JAPAN提携・出資説明会 2013春」を開催したヤフー。同社は2月7日に2回目となる「Yahoo! JAPAN提携・出資説明会 2014春」を開催する。

 開催日時は2月7日午後1時~4時半を予定。開催場所はラフォーレミュージアム六本木。参加資格はヤフーとの協業やYJキャピタル等からの出資受け入れに関心があり、ウェブサイトを持っている国内外の企業となっている。定員は1社2名、300社の先着順となっている。前回は75社150人の募集に対して応募が殺到し、最終的に2回開催、250社が参加することになった。申込みは1月24日午後3時まで、イベントの特設ページにて受け付ける。

 当日は、ヤフー代表取締役社長CEOの宮坂学氏からヤフーのビジョンについて説明がなされるほか、グリー代表取締役社長の田中良和氏、アスクル代表取締役社長兼CEOの岩田彰一郎氏、コミュニティファクトリー代表取締役の松本龍祐氏らヤフーのパートナー(コミュニティファクトリーは買収を経て現在ヤフーの子会社)と、ヤフー執行役員 ショッピングカンパニー長でYJキャピタル取締役COOの小澤隆生氏、ヤフー副社長COOの川邊健太郎氏が参加するパネルディスカッションが予定されている。その後Yahoo! JAPANの各サービス責任者がピッチ方式で約5分のプレゼンテーションを実施。並行してあいさつ、名刺交換のブースを用意する。

 ヤフーによると、2013年の説明会を契機にしてYJキャピタルがレアジョブに出資をしたほか、現在資本業務提携について話を進めている企業も1社あるという。

 CNET Japanでは、説明会に向けた意気込みとヤフー、YJキャピタルの投資戦略について、小澤氏とヤフー執行役員CFOでYJキャピタル代表取締役の大矢俊樹氏に聞いた。詳細はこちらの記事をお読み頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加