logo

MSバルマーCEO、退任を前に語る--「Longhorn」、その他の後悔 - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年01月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ballmer氏:「われわれは戦おうとしていた」

 またBallmer氏は、「過ちは業務戦略上のものだけではなかった。技術戦略上の過ちもあった。われわれは戦おうとしていたのだ」とも語った。

 「この業界では、重要なことを正しく行うのが最も大事であるが、その次に強弱を付けて遂行するということも大事だ。人々は『あぁ、業界の変化がとても速い』と言いながら3秒ごとに、戦略を変更する時だと考えてしまう」(Ballmer氏)

 しかし現実は「少数の大きな賭けだけが功を奏する」と同氏は続けるとともに、Appleの「タッチとローパワーに賭ける」という戦略が同社に成功をもたらした点を指摘した。また、Googleは検索に大きく賭けた。MicrosoftはPCとソフトウェアに賭け、最近では「Windows Azure」でデータセンターに賭けている。

 MicrosoftはLonghornにおいて、誤ったテクノロジアプローチから出発し、同社のテクノロジリーダーシップの焦点をぼやけさせ、強弱の付け方をたがえたのである。

 Longhornはいわば裂け目に落ちていったようなものだ。Ballmer氏は「これはBill(Gates氏)のせいではなく、(Windowsの前の責任者)Jim(Allchin氏)のせいでもなく、私がうまく対処できなかったせいなのだ」と認めた。

 「振り返って見ると、これは一種の焦点の問題だったと言えるだろう。というのもエンジニアリング上の強弱や、把握可能なレベルにまでかみ砕いたアプローチ、目の前にある大きな賭けとは何かといった必要なものごとに集中できていなかったためだ」(Ballmer氏)

 また同氏は「CEOとして最初の一歩を踏み出した時こそがおそらく最大の過ちを犯した時だと私自身認める用意がある。そしてわれわれがこの5年か6年の間に行ってきたことの多くは、私がCEOになった最初の頃に私とBill、そしてJim Allchin氏が犯したとも言える過ちを挽回するための取り組みであった」と述べた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]