logo

太平洋航空博物館の軍用機--写真で見る航空機の数々 - 68/79

Geoffrey Morrison (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月31日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パイロットはどうやってコックピットに上がったのかと、筆者はいつも疑問に思っていた。階段か何かがあったのだろうと考えていたが、そうではなかった。パイロットはよじ登り、折りたたんであった座席を倒す。右側の開口部は座席をたたんだ状態だ。左側の開口部にある四角の物体が座席である。そのため、飛行中のパイロットは基本的に、機体の床からも6フィート(約1.8m)の高さにいることになる。

 パイロットはどうやってコックピットに上がったのかと、筆者はいつも疑問に思っていた。階段か何かがあったのだろうと考えていたが、そうではなかった。パイロットはよじ登り、折りたたんであった座席を倒す。右側の開口部は座席をたたんだ状態だ。左側の開口部にある四角の物体が座席である。そのため、飛行中のパイロットは基本的に、機体の床からも6フィート(約1.8m)の高さにいることになる。

提供: Geoffrey Morrison

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]