logo

水星のクレーター名にジョン・レノンにちなんだ「Lennon」

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月26日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mercury(水星)」や「crater(クレーター)」という単語は、The Beatlesの歌詞にはどこにも見当たらないが、これらがこのほどThe Beatles史の一部を成すものとなった。国際天文学連合(The International Astronomical Union:IAU)が、John Lennonにちなんで水星の衝突クレーターに名前をつけたのだ。

 水星のクレーター名となった音楽家はLennonだけではない。Bach、Beethoven、Haydn、PucciniそしてAaron Coplandと名付けられたクレーターもある。その中でもロックミュージシャンはLennonのみのようだ。クレーター名の由来となる対象は故人のみだ。

 Lennonのほか、Barney(作家のNatalie Clifford Barney)、Calder(彫刻家のAlexander Calder)、Capote(作家のTruman Capote)などにちなんだ名が9個、クレーターに付けられている。米航空宇宙局(NASA)の水星調査探査機「Messenger」が、2008年1月に初のフライバイを実施して以来、114個のクレーターに名前がつけられているが、今回新たにこれらが加わった形だ。

 「しばらくすると、クレーターを緯度と経度で示すことが難儀になる」と、NASAの探査機Messengerのミッションに参加する科学者であるDavid Blewett氏はリリースの中で説明した。「クレーターに名前を付けることで、科学者らがより簡単にクレーターについて話し合ったり、メモや観測結果を共有したりできるようになる」(Blewett氏)

提供:NASA/Johns Hopkins Applied Physics Lab/Carnegie Institution
クレーターのLennonは、まったくJohn Lennonのようには見えない。
提供:NASA/Johns Hopkins Applied Physics Lab/Carnegie Institution

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集