logo

学生時代はイベントMCと“二足のわらじ”--ドコモの28歳研究者・土井さん - (page 2)

藤井涼 (編集部)2013年12月19日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分厚い研究書籍を“自炊”で軽量化

――ここからは、土井さんご自身のことについて聞いていきます。現在使っているモバイル端末やサービスを教えて下さい。さすがにキャリアはドコモだと思いますが(笑)。

 どちらもドコモの端末で、スマートフォンはディズニー・モバイル、タブレットはXperia Tablet Zを使っています。最近ハマっているのが本の自炊ですね。自分で買ってきた本を断裁して、スキャンしてタブレットで読んでいます。データ分析の研究をしているので、その勉強を電車の移動時間なんかにするのは便利ですね。


自炊した研究用の書籍をXperia Tablet Zに入れて持ち歩いている

――研究用の本や参考書って特に分厚いですよね。

 これまではいつも3~4冊持ち歩いていたので重くて仕方なかったんですけど、これがあると何十冊でも持ち歩けて本当に便利ですね。

――たしかに、数百グラムの文庫本とはわけが違いますからね。ちなみに研究用以外でよく読む書籍はありますか。

 上司から教えていただいた本なんですが、「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦」シリーズですね。アメリカの有名な経営者のトム・ピーターズさんが仕事をしていく上でどんなことが大切なのかをすごく分かりやすく説明しています。たとえば、自分が目標にしたい人がいたら、まずその人に話を聞きに行くとか、仕事に対して「こうしたら面白くなるよ」というエッセンスがすごく詰まった本なんですね。これを読むと、いつもと違うことをして新しい視点を取り入れてみるといったことが、自分には欠けてしまっているなと気づかされますね。


「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦」(阪急コミュニケーションズ)

――この本を教えてくれたのも、論文を指導してくれた上司と同じ方ですか。

 はい。社会人としての目標にできる上司が身近にいてすごく幸せですね。

――仕事で使っているお気に入りのアイテムなどがあれば教えて下さい。

 私たちは3~5年先を考えて、「世の中にこんなものがあったらいいよね」とか、「いまはこんな課題があるから、こうなるといいよね」ということを、技術的に解決することが仕事です。そういったユースケースというのはなかなか口で言っても伝わらないので、カラーペンを使って4コマ漫画を書いたり、イメージ図を書いたりしていますね。あとはポストイットですね。社会人の方は皆さん使っていらっしゃると思うんですけど、毎日のToDoをガーッと書いてペタペタと貼って、優先度をつけて終わったら剥がして捨てるといった感じですね。

――えーと、このポチ袋は・・・。

 飲み会の会費を集めるときに相手に渡したり、あとはお茶会というか部署内で毎月お金を持ち寄って、ティーバックとかコーヒーを買っているので、その時の集金分をこれに入れてもらっていますね。

  • 新技術のユースケースなどをカラーペンを使って書き出すようにしている

  • 飲み会や部署内での集金の際に使うポチ袋は常に持ち歩いている

  • ハンドクリームも欠かせないという

――なるほど、女性ならではの気配りですね。プライベートなこともお伺いしたいのですが、まず休日の過ごし方を教えて下さい。

 ドコモの同期たちと仲が良くて、この前は私の家で同期の婚約祝いパーティをしました。あとは、部署のメンバーとバーベキューにいったり。

――ホームパーティにバーベキュー・・・リア充じゃないですか!

 リア充なところだけピックアップしてるんですよ(笑)。家族とはこの前、横須賀で乗馬をしましたね。


ドコモの同期メンバーでホームパーティ

――またセレブな趣味を。

 いやいや、初めてです。それに初心者だと15分2000円で乗れるんですよ。2014年は午年なので年賀状用に写真を撮りに行きました。

――年賀状はちゃんと送るんですね。私はSNSを使うようになってから送る習慣がなくなってしまって。

 年賀状は毎年送っていますね。新入社員のころから上司や同期、お世話になった方には送るようにしています。

――その他に何かハマっていることがあれば教えて下さい。

 個人的なものだと、3年くらい前から着物の着付けを習いにいったり、カメラで風景を撮りにいったりしていますね。

――いまではスマートフォンのカメラ性能が上がって、カメラを持ち歩く人も減っていますよね。

 そうですね。私もずっと携帯電話のカメラで撮っていたんですが、デジタル一眼レフを買ってから、レンズを交換できる面白さに気づいてしまって、いろいろなレンズを使い分けて撮ったりしていますね。


デジタル一眼レフカメラなどでの撮影にハマッている

――確かに、ソニーから「レンズスタイルカメラ」なんかも出ていますけど、一眼レフならではの魅力がありますよね。では、最後に土井さんが今後目指す姿について教えて下さい。

 スマートフォンが普及したことで、消費者の行動にも変化が見え始めています。最近だと、店頭でウィンドウショッピングをしてからネットで買うという人も増えてきていて、これからは買い物の形が変わっていくのだと思います。そこで、いままさに買い物をもっと便利に、楽しくできるような研究に力を入れているところです。たとえば購買行動のモデル化や予測なんかですね。

 まずはいま研究しているものをお客様に使ってもらえるように、サービスや機能として世の中に出すことが一番大切だと思っています。また、これからは工学分野だけでなく、マーケティング分野もしっかりと勉強して、お客様の日々の生活が楽しくなるようなサービスを届けられるように、研究を続けていきたいですね。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]