logo

「消える」写真共有サービスのSnapchat、さらに5000万ドルの資金を調達

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2013年12月12日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 短時間で消失するメッセージを交換するアプリを手がける新興企業Snapchatが、エクイティファイナンスで投資会社2社から5000万ドルの資金を調達したことが、米国時間12月11日に米証券取引委員会(SEC)に提出された新たなForm D書類で明らかになった。

 シリーズCにあたる今回の資金調達は、これまでの報道でうわさされていた2億ドルという数字よりはるかに額が少ないが、12月に入って明るみに出た別の書類とは整合性がある。この書類にはほかにも、企業評価額を20億ドルとする記述もあった。

 Snapchatは、コメントの要請に対しすぐには応じなかった。

 Snapchatがわずか6カ月前にも資金調達ラウンドを実施しており、12月の調達はこれに続くものだ。このとき、SnapchatはシリーズBの投資ラウンドで調達前の企業価値を8億ドルとし、6000万ドルを集めた。それ以降、同社は1日あたり4億件以上の「スナップ」(メッセージ)を処理するまでに成長している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集