iPhoneのロック画面に英単語をプッシュ配信して語彙力アップ--「プッシュ英語単語帳」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プッシュ英語単語帳 <私の最後の単語暗記プロジェクト>
価格: 500円(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Backpackr Inc.
  • カテゴリ:教育

 「プッシュ英語単語帳」は、iOSのプッシュ通知の仕組みを使い、iPhoneのロック画面に英単語を配信してくれるユニークなアプリだ。指定した時間の範囲で、定期的にロック画面に英単語が表示されるので、スキマ時間を利用して語彙力を向上させることができる。

  • iOSのプッシュ通知の仕組みを使い、iPhoneのロック画面に英単語を配信してくれる

 アプリをインストールしておくと、指定した間隔で、ロック画面に英単語がプッシュ通知で送られてくる。意味が分かるものは「暗記済み単語」をタップして配信リストから削除し、未知の単語であれば意味を参照して再配信に備えるといった具合に活用することで、効果的に語彙を増やせるというわけだ。

 1日のうちでプッシュ通知が行われる時間帯や曜日、1日に学習する単語数(最大30個)などは設定画面から変更できる。配信時間については、デフォルトでは毎時00分になっているが、細かく変更することもできるので、仕事中はオフにし、休憩時間に入って一息ついたタイミングで配信するという設定もできる。

 単語集はTOEICの点数を目安に指定することができ、下は400点以下、上は900点以上まで、幅広く指定できる。このほか、TOEFL必須単語や高校英単語、TEPSの頻出単語集も用意されているので、目的および習熟度にあった問題集を選ぶことが可能だ。プッシュ通知とは関係なく、クイズ形式で単語テストを行う機能もある。発音を再生できるのも利点だろう。

 本アプリには無料版も用意されているが、無料版では1日に配信できる単語数が3つまでに制限されているほか、単語集ごとの単語数の制限、頻繁に表示されるダイアログ、広告表示など、常用するには難がある。基本的には500円の有料版を購入するべきアプリだと考えたほうがよい。やや高価なのはネックだが、仕組みもユニークで、スキマ時間を利用して英単語の語彙を増やすには非常に有益なアプリといえるだろう。

  • スワイプすると意味が表示される。「暗記済み単語」をタップすると暗記完了リストに登録され、配信されなくなる

  • 設定画面。1日のうちでプッシュ通知が行われる時間帯を指定できる。曜日についても指定可能

  • 一日に学習する単語数を最大30個まで指定できる

  • プッシュ通知の細かな時間も設定可能。特定の時間帯を避けて配信したい場合に便利だ

  • 単語集はTOEICのレベルに合わせて6種類と、さらにTOEFL、高校英単語、TEPSの頻出単語集の計9種類が用意されている

  • 発音はデフォルトでは自動再生されるようになっている。Weblioなどのオンライン辞書と連携してさらに詳しい意味を表示することも可能

  • プッシュ配信された単語の履歴、これから配信予定の単語、暗記が完了した単語はいずれもリストとして参照できる

  • クイズ形式で単語テストを行う機能もある

  • プッシュ通知の表示形式などはiPhone標準の通知メニューから設定する

>プッシュ英語単語帳のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加