ブラウザゲームの限界に挑む--「グランブルーファンタジー」が12月17日に配信

佐藤和也 (編集部)2013年12月05日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cygamesは12月5日、Mobage向けのスマートフォンブラウザゲーム「グランブルーファンタジー」について、12月17日配信予定としていることを発表した。利用料金は無料のアイテム課金制。

 本作は、キャラクターデザインにCyDesignationの代表取締役社長である皆葉英夫氏、楽曲には植松伸夫氏、また多数の人気声優陣を起用したファンタジーRPGとなっている。

 同社はこの日、配信予定日を発表するとともにメディア向けの体験会を開催。プロジェクトマネージャーを担当している春田康一氏は本作のポイントとして、ユーザーが長い時間楽しめるように、空の世界を巡る旅をテーマとしたRPGとしたこと。ソーシャル要素も含まれているが、RPGらしく冒険を進めていくと仲間にできるNPCが登場。彼らのほか、敵側のキャラクターも含めてそれぞれ声優によるボイスが付いていること。またスマホブラウザの限界に挑む豪華な演出として、ビジュアルや動きのほか、BGMとSE、ボイスの3つを同時に再生されて楽しむことができることなどを挙げる。

  • 春田康一氏

  • 端末の動作や推奨環境。ブラウザゲームではあるが、リッチな作りとなっているため、最新の端末のほうがより楽しめる

 ゲームではキャラクター同士の会話形式でストーリーが進行。声優陣によるボイスでテンポ良く進行していく。戦闘シーンではターン制のシステムを採用。キャラクターそれぞれにアビリティや奥義を持っているほか、星晶獣と呼ばれる巨大モンスターを召喚できるなどRPGらしさを感じさせる内容となっている。

  • キャラクター同士の会話でストーリーが進行。セリフは声優によるボイスが入っている

  • 戦闘シーンはターン制。アビリティの発動や特定の敵を狙うといった戦略要素も

  • 星晶獣を召喚。演出も派手になっている

 カスタマイズ要素も豊富だ。キャラクターにはジョブが設定されており、主人公についてはジョブの変更も可能。さらに武器も大きく7種類が用意され、ジョブによって得手不得手も設定されている。武器や星晶獣はガチャで入手でき、特定のものが手に入るとサブクエストが解放され、さらなる仲間と出会うこともできる。

 体験会で用意されたものは開発中の体験版で、実際に配信されるものとは変更になる部分があるとしているが、テンポ良く進行するクエストやボイス付きのストーリー展開、戦闘シーンもモンスターにも動きがつけられたり、奥義を発動する際にキャラクターのアップとともに、ボイスで奥義名を叫ぶ演出など、ゲーム体験をしっかりと味わえそうな期待感を感じさせるものとなっていた。王道なところから、一風変わった雰囲気のキャラクターも存在し、ストーリーもボリュームがありそうと思われるので、このあたりにも注目したい。

  • ファイターやウィザードといったジョブが存在

  • メイン画面。パーティの編成や武器の強化といったこともできる

  • 奥義発動時の演出。カットインでキャラクターが入りボイスで叫ぶ

    (C)Cygames, Inc.

 なお、12月6日15時より加藤英美里さん、井口裕香さん、茅原実里さん、井上喜久子さん、寿美菜子さん、伊瀬茉莉也さん、杉田智和さんといった声優陣のイントロムービーを公開するほか、12月7日からはテレビCMを放送し、本作の訴求に努めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加