ワンモアとDNP、クラウドファンディングを活用した出版企画支援サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワンモアと大日本印刷(DNP)は12月5日、ワンモアが運営するモール型クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」内に開設した「ミライブックスファンド」を活用し、新規の出版企画を支援するサービスを開始した。

 大手出版取次会社と協力し、出版社をはじめとする企業(出版者)に対して、新規出版企画(プロジェクト)の実現に必要な企画の立案から資金の調達、出版流通のコンサルテーション、制作や製造などに至るプロセスをワンストップで提供する。2015年度までに100件のプロジェクト実現を目指すとしている。

 第1弾プロジェクトとして、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズのムック本と、韓国で注目を浴びている作家ファン・インスクの小説『野良猫姫』の日本語版の出版企画を支援する。

 ミライブックスファンドは、出版物の企画の実現に特化したクラウドファンディングサイト。出版者は、サイト上で出版物のテーマやストーリー、必要な資金、募集期間、支援者へのリターンの内容など、プロジェクトの詳細を告知し、支援を呼びかけることができる。募集期間内に必要な資金が集まった場合、出版者は書籍を発行するとともに、支援者へ所定のリターンを提供する。

 制作資金の獲得だけでなく、生活者の声を出版物の企画やその販売に生かすことができる。また、事前プロモーションの効果も期待でき、出版リスクを低減できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加