logo

サイバーエージェント、ネイティブゲームアプリ特化の子会社を設立

佐藤和也 (編集部)2013年12月04日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは12月4日、12月2日付けでソーシャルゲーム事業を行う子会社「プレイモーション」を設立したことを発表した。資本金は1億円で、サイバーエージェントが全額出資している。

 現在、スマートフォン向けコミュニティ&ゲームプラットフォーム「Ameba」を通じてブラウザ向けサービスを提供している一方、ネイティブゲームアプリの開発を強化し、6月には専門部署「Ameba Native Game Studio」を立ち上げたほか、子会社を通じてゲームタイトルをリリースしている。ネイティブゲームアプリに特化したソーシャルゲーム事業子会社を設立し、さらなるヒットタイトルの創出を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]