logo

Cerevo、スマホで操作する“美しい”電源タップ「OTTO」--2万3800円

藤井涼 (編集部)2013年11月27日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cerevoは11月27日、スマートフォンを使った電源のオンオフや調光に対応し、デザインにもこだわった電源タップ「OTTO」を、2014年の1~2月に発売することを発表した。価格は2万3800円で、直販サイト「Cerevo Store」で販売する。同日より事前予約の受付けを開始した。

 OTTOは8個口の電源ポートを内蔵した電源タップで、専用のアプリをインストールしたスマートフォンやタブレットを使って通電のオンオフ操作ができる。8個口のうち2個口は調光機能に対応し、調光対応の照明器具を接続することで、照明と離れた位置から自由に明るさを調整できる。


「OTTO」

 OTTOに接続した8個口の電源ポートは、それぞれアプリから名前をつけて管理できるほか、タイマー機能も搭載。電源ポートごとに指定した時間と曜日で電源をオンオフできる。外出先から自宅の電源状況を確認し、リモートで電源をオンオフすることも可能だ。調光は指でなぞって任意の明るさを指定できる機能に加え、キャンドルライトのように不規則に照度を変える機能も備えた。

 デザインの美しさにもこだわっており、つないだACアダプタなどを上部カバーで覆い隠すため、リビングルームのフロアに置いてもインテリアとして成立するとしている。デザインは、デザイナーの柳澤郷司氏が手がけた。本体サイズは、幅約420mm×奥行き約253mm×高さ約130mmで重量は1.5kg。アプリは、iOS 7.0以上、Android 4.3以上のスマートフォンで利用できる。

  • ACアダプタなどを上部カバーで覆い隠せる

  • リビングのインテリアとしても使える

  • アプリの画面イメージ

-PR-企画特集