logo

日常的操作で5人に1人は事故やけが、8割が迷惑--歩きスマホの実態調査

佐藤和也 (編集部)2013年11月20日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は11月19日、「歩きスマホ」の経験や迷惑度、その他スマートフォンへの依存度について調査した「歩きスマホに関する実態調査」を発表した。調査は18歳以上の男女を対象としたインターネット調査で、調査期間は11月13日から15日まで。有効回答は558人。

 まずスマートフォン所有者を対象にスマートフォンへの依存について聞いたところ、「依存していると思う」が14.2%、「やや依存していると思う」が34.4%とし、合計48.6%がスマートフォンに「依存している」と回答している。この結果を年代別で見てみると、最も依存度が高かったのは20代で、「依存していると思う」が29.5%、「やや依存していると思う」が35.2%と合わせて、64.7%ががスマートフォンへ依存していると回答している。

 そしてスマートフォン所有者に、歩きスマホをしているかという質問をしたところ、「日常的に操作している(21.1%)」「時々操作している(36.0%)」「ほとんど操作しない(30.1%)」と合わせて、87.2%の人が歩きスマホをしたこがあると回答。

 そのなかで日常的に歩きスマホをしていると回答した人を対象に、事故またはけがをした経験があるかを質問したところ、22.9%の人が「経験がある」と回答。5人に1人が事故またはけがの経験をしていることになる。

 そしてスマートフォン所有者に、歩きスマホをしている人に対して迷惑だと感じたことがあるかを質問したところ、「迷惑だと思う」が33.2%、「時々迷惑だと思う」が45.0%と、合わせて78.2%の人が迷惑だと感じているとしている。

-PR-企画特集