logo

ソニー「PlayStation 4」、北米で発売--各地で深夜にファンが行列

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月16日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは米国時間11月15日深夜、新型ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)を北米で発売した。各地で、次世代コンソールを手にしようと集まったゲームプレイヤーたちの長い行列ができた。

 1台(または数台の)の新型機を手に入れるとともに、ソニーの無料提供品を得ようと、数百人のPlayStationファンが肌寒い天気をものともせず、ニーヨークのスタンダードハイラインホテル前に数時間にわたり列に並んだ。ただし、この日の夜、ソニーが提供予定だった新型機の台数はわずか444台だったことから、手に入れられずがっかりしたファンも一部いたことだろう。

 北米でPS4を1番最初に手に入れた、ブルックリン在住のJoey Chiuさんは、米CNETのJeff Bakalar記者に対し、20時間列に並んで待ったと語った。Chiuさんは手にしたばかりの新型機を報道陣に見せてポーズをとった後、そのエクスペリエンスのすべてに度肝を抜かれたと話した。

 一方、サンフランシスコのマーケットストリートにあるGameStop前でも、ソニーが無料提供する数台のうちの1台をゲットしようと数百人が列を作った。ある人は進んで長時間列に並んでいる理由について尋ねられると、新しいゲームタイトルにわくわくしていると答え、ほかにもブランドに対するこだわりが要因になっていると明かした。ニューヨークの行列に並んだ人の中には、思い出せる限りでさまざまなPlayStationシリーズをプレイした経験を語ってくれた人もいた。

 PlayStation 4はソニーのPlayStation 3の後継機として長く登場が待たれていた。PlayStation 3の発売は2006年にまで遡る。PS4の価格は400ドルで、8GバイトのDDR5 RAM、低消費電力x86-64の「Jaguar」8コアを搭載する。

米CNETのJeff Bakalar記者からインタビューを受ける、北米で最初のPS4購入者となったJoey Chiuさん
米CNETのJeff Bakalar記者からインタビューを受ける、北米で最初のPS4購入者となったJoey Chiuさん
提供:Screenshot by Steven Musil/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集