logo

ドコモ、LTE-Advanced向け無線伝送技術の屋外実験に成功

松田真理 (マイカ)2013年11月13日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月13日、LTE-Advanced向け無線伝送技術「Smart Vertical MIMO」の屋外実験に成功したことを発表した。LTE-Advancedは、LTEの次世代通信方式だ。

 同社が2015年度中に提供予定のLTE-Advanced通信サービスにおいて、1Gbps以上の通信速度を実現するには、アンテナ4本相当のMIMO伝送を行う必要があるという。そのため、アンテナ数の増加による設置場所の確保やコスト増などが課題になっていた。

 今回の屋外実験では、基地局アンテナ1本で、1.2Gbpsを超える屋外での走行伝送実験に成功。Smart Vertical MIMO技術によって、基地局アンテナ1本で、アンテナ4本相当の高速、かつ大容量のMIMO伝送を実現した。これにより、コストを削減しながらエリアを構築できるとしている。

  • 「Smart Vertical MIMO」無線伝送技術の特長

  • コアとなる技術(垂直方向素子の適応的なグループ化)

  • 屋外実験の概要

 Smart Vertical MIMO技術は、電波の受信状態が良好な携帯電話に対しては、1本のアンテナを上下2つのグループに分割し、さらに偏波技術を用いることで、アンテナ4本相当の伝送速度を可能にする。電波の受信状態の悪い携帯電話に対しては、グループ分割を解除し、エリアの広さを優先して通信サービスを提供するとのことだ。

-PR-企画特集