logo

立体映像を疑似的に体験できるスマホ活用の食玩「ハコビジョン」

佐藤和也 (編集部)2013年11月10日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイは、エンターテインメント食玩(玩具菓子)「ハコビジョン」を2014年1月27日に発売することを発表した。2種類用意され、価格は各525円。装置に加えガムが1個付いてくる。

 この食玩はバンダイが独自に開発したという「ハコビジョン技術」により、約8.5センチメートル四方の箱の中で映像技術「3Dプロジェクションマッピング」や「3Dホログラム」といった映像体験を、手のひらサイズで疑似的に再現するというもの。開封したパッケージにフィギュアとクリアプレートをセット。パッケージに記載している二次元コードをスマートフォンで読み取り、フィギュアに向けて下方向にセットし、映像を再生して楽しむ。

 第1弾として3Dプロジェクションマッピングイベント「東京ミチテラス2012『TOKYO HIKARI VISION』」と、2013年10月に日本テレビ開局60年特別美術展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」の関連イベント「東京国立博物館『KARAKURI』の2種類を発売。来春にはキャラクターを採用した第2弾商品の発売も予定している。

  • 「ハコビジョン」の組み立て方(仕組み)

  • 東京国立博物館『KARAKURI』

    (C)NAKED・NTV

  • 東京ミチテラス2012『TOKYO HIKARI VISION』

    (C)東京ミチテラス 2012

-PR-企画特集