logo

CRI、ミドルウェア製品を「Unreal Engine 4」、「Unity for Wii U」、「Cocos2d-x」に対応

佐藤和也 (編集部)2013年11月06日 19時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CRI・ミドルウェアは11月6日、同社が提供するオールインワン型オーディオソリューション「CRI ADX 2」について、ゲームエンジン「Unreal Engine 4」に対応することを発表。ムービー再生システム「CRI Sofdec 2」も順次対応するとしている。また、「Unity for Wii U」、「Cocos2d-x」にも対応することもあわせて発表した。

 ADX2は、クロスプラットフォーム開発に対応したオール・イン・ワン型のゲーム開発向けオーディオソリューション。高機能かつ操作性の高いサウンドオーサリングツールで、BGMやセリフ、効果音の複数音同時再生や、さまざまなエフェクト等のサウンド演出を実現。高圧縮・高音質・低負荷で扱いやすい音声コーデックが利用できる。Sofdec 2はクロスプラットフォーム開発に対応したムービー再生ミドルウェア。独自コーデックにより、ムービーを重ねたリッチな演出を可能にする。

 ADX2はすでにPS4、Xbox Oneに対応しているが、Unreal Engine 4に対応することにより、さらに効率的かつ効果的な次世代機向けゲーム開発環境を実現するとしている。

 Unity for Wii Uについては、ADX2とSofdec2の2製品に対応するプラグインを11月より提供する。

 Cocos2d-xはiOS、Androidのクロスプラットフォーム開発に対応したオープンソースの2D専用ゲームエンジン。Sofdec2を用いることで、ゲーム画面にアルファ(透過)値付きのムービーを重ねたり、立ち絵やカットインアニメーションにムービーを使うことが可能。またADX2を用いることにより、複雑なサウンドプログラミング無しに高度な音声制御ができるほか、独自の音声コーデックにより、アプリケーション内での再生も低負荷で行うことができるとしている。

-PR-企画特集