インテル、ウェブTVサービス事業売却でベライゾンと協議か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月31日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelが長期にわたって取り組んできたTVサービスの創設に終止符が打たれるかもしれない。

 IntelはIntel Media事業の売却に向けて、Verizonと最終的な協議段階に入ったという。All Things Digitalが米国時間10月30日、Intelの計画に詳しい複数の情報筋の話として報じた。Intel Mediaは、ウェブベースのサブスクリプションTVサービスの配信を手がける部門。

 All Things Digitalによると、情報筋はIntelが全テレビ事業を手放すつもりなのか、あるいは一部を残すのかどうかは不透明としているという。Verizonは自社の「FiOS」ネットワークを介して既にTVサービスを提供しており、今回の方向で両社が合意すれば、おそらく妥当な提携関係となるだろう。

 Intelは2013年に入り、ライブTV、オンデマンドTV、コンテンツストリーミングを可能にするハードウェアおよびソフトウェアをリリースする計画を発表していた。「OnCue」という名称の同サービスは2013年中に提供されるはずだったが、Intelはコンテンツ契約を確保する上でいくつかのハードルに直面していることが伝えられていた。同社は9月、製品リリースを2014年に延期している。

 VerizonとIntelが上記の契約を締結する意向とされる件について、両社はいずれもコメントしていない。米CNETはAll Things Digitalの報道についてIntelにコメントを求めているが、まだ得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加