logo

UQ、下り最大110Mbpsの高速サービス「WiMAX 2+」を10月31日に開始

松田真理 (マイカ)2013年10月30日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは10月30日、下り最大110Mbpsに対応した高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」を10月31日から提供すると発表した。対応エリアは当初、環状7号線(東京都道318号線)内の一部から開始し、2013年度末には東名阪、2014年度末に全国へ拡大する予定だ。

  • WiMAX 2+対応のWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+」

 これにともない、UQオンラインショップとMVNO各社を通じて、WiMAX 2+対応のWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を10月31日に発売する。月額3880円で2年間、WiMAX 2+とWiMAXを速度制限なしで利用できるほか、au 4G LTEをオプション追加することが可能だ。

 MVNOによるサービスは、ヤマダ電機の「YAMADA Air Mobile WiMAX」、ビックカメラやソフマップ、コジマで扱うラネットの「BIC WiMAX」、ヨドバシカメラで扱うワイヤレスゲートの「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX」、エディオンの「エディオンネット」、ノジマの「nojima WiMAX」、ニフティの「@nifty WiMAX」、NECビッグローブの「BIGLOBE WiMAX」、ダイワボウ情報システムの「DIS mobile WiMAX」のほか、ネットワークコンサルティングが提供するサービスなどがある。

-PR-企画特集