logo

写真で見る「スター・ウォーズ」展--制作当時の衣装や模型 - 18/31

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月31日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 サンドピープルとして知られるタスケン・レイダー(とタスケンの女性たち)は、1977年に米国で公開された第1作「スター・ウォーズ」に登場した。展覧会では次のように説明されている。「彼らは危険で謎に包まれた砂漠の住人たちだ。地元の人間やジャワ族は、サンドピープルには近づかないようにしている。サンドピープルの服装は身体を完全に覆っており、ぎらぎらと照りつける太陽と、息を詰まらせる砂塵から目と鼻、口を保護する」

 「1976年に『新たなる希望』を撮影していた制作者たちが直面した難題の1つは、ゴム、プラスチック、布でできた衣装を使って、説得力のある宇宙人を作り上げることだった。制作者はサンドピープルを完全に覆うことで、タスケンの衣服の下にどんな姿が隠れているかは、見る人の想像で決めてもらうことにした」(同展覧会)

 サンドピープルとして知られるタスケン・レイダー(とタスケンの女性たち)は、1977年に米国で公開された第1作「スター・ウォーズ」に登場した。展覧会では次のように説明されている。「彼らは危険で謎に包まれた砂漠の住人たちだ。地元の人間やジャワ族は、サンドピープルには近づかないようにしている。サンドピープルの服装は身体を完全に覆っており、ぎらぎらと照りつける太陽と、息を詰まらせる砂塵から目と鼻、口を保護する」

 「1976年に『新たなる希望』を撮影していた制作者たちが直面した難題の1つは、ゴム、プラスチック、布でできた衣装を使って、説得力のある宇宙人を作り上げることだった。制作者はサンドピープルを完全に覆うことで、タスケンの衣服の下にどんな姿が隠れているかは、見る人の想像で決めてもらうことにした」(同展覧会)

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]