スマホ内のアプリをメールやSNSで紹介しやすくする「Share Apps」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Share Apps(Ver.2.1)
金額:無料(2013年10月31日時点)
カテゴリ:ツール
開発:Squid Tooth LLC
使用端末:Xperia Z SO-02E
おすすめ度:★★★★☆

 「Share Apps」は、インストール済のアプリの情報を、ほかの人に手軽に紹介するためのアプリだ。自分が気に入っているアプリを他人に薦めたいが、口頭では伝えにくいという場合、このアプリを使うことでアプリ名やGoogle PlayのURLといった情報をメールやSNSで手軽に送信できる。

 アプリを起動すると、インストール済のアプリの一覧が表示される。個々のアプリ名をタップすると、共有するためのメニューが表示されるので、あとは通常の共有メニューから共有方法を選択する。たとえばメールによる共有を選んだ場合は、アプリ名およびダウンロード元となるGoogle PlayのURLが本文に書かれた新規メールが作成されるので、それを相手に送信すればよい。

  • 起動するとインストール済のアプリの一覧が表示される

  • アプリ名をタップするとメニューが表示される。上から順に、共有、アプリを開く、Google PlayのURLを開く、アプリ情報を開く、複数選択

  • 共有の方法としてGmailを選択した状態。アプリ名およびダウンロード元となるGoogle PlayのURLが本文に書かれた新規メールが表示されるので、共有したい相手に送るだけ

 メールで送るだけでなく、TwitterやFacebookでも共有できるので、お気に入りのアプリを不特定多数に紹介したい場合にも便利だ。またアプリ名を長押しすると複数選択モードとなり、複数のアプリの情報を一括して送信できるようになるので、全アプリの情報をまとめて書き出して自分宛に送信しておけば、万一の場合の再インストールにも役立つ。

 バックアップを目的とした同種アプリのように、apkファイルそのものを抽出する機能こそないものの、アプリ名とURLを手軽に書き出せるのは魅力だ。個人的には、複数のアプリを選択する際は、チェックボックスなどのより一般的なメニューを採用したほうが分かりやすいとは思うが、慣れてしまえばとくに問題はないだろう。アプリをほかの人に紹介する機会が多い人におすすめのアプリだ。

  • 複数のアプリを同時選択したり、全アプリを一括選択することもできる

  • インストール済みの全アプリをGmailに書きだした状態。自分宛に送っておけば、万一の場合の再インストールにも便利だ

>>「Share Apps」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加