ソニー、見たいタレントの出演コーナーまで検索できる新BDレコーダー--リモコンも一新

加納恵 (編集部)2013年10月23日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「BDZ-ET1100」

 ソニーは10月23日、BDレコーダーの新製品5機種「BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510」を発表した。ボタン数を減らしコンパクトにした「らくらくリモコン」を採用したほか、タレント名から番組内のコーナーや出演CMなどを検索できる「タイトル/コーナー検索」など、新機能を備える。発売は11月16日。

 ET2100/ET1100はトリプル、EW1100/EW510はダブル、E510はシングルチューナを搭載。上位機ET2100/ET1100には「4Kテレビモード」も用意した新高画質回路「CREAS 5」を搭載する。

 らくらくリモコンは従来リモコンに比べ、高さ55mm、幅7.5mmのコンパクト化を図った。ボタン数も減らし、使用頻度の高いボタンを大きくすることで、使いやすさを追求した。リモコン下部にはスライド式10キーを設け、テレビ操作のしやすさはそのまま継承。他社製テレビも操作可能だ。

  • 新たに採用された「らくらくリモコン」

  • 従来リモコンとのサイズ比較

  • スライド式10キーを装備

 検索機能は、従来の番組検索からタイトル/コーナー検索へと進化。任意のタレント名を入れて検索すれば、出演番組だけでなく、そのタレントが出演している番組コーナーやCMまでをピックアップする。人名や番組名は録画履歴などからがリスト表示されるので、文字入力の必要がなく、番組の見たい部分だけをダイレクトに探し出せるにようになった。

 番組内容をコーナーごとに表示する「もくじでジャンプ」機能も複数の選択視聴が可能になった。リモコンのダイレクトボタンを押すと、もくじでジャンプ画面をダイレクトに表示。コーナー選択をすると選んだ順番に再生され、見たいコーナーだけを効率よく視聴することができる。コーナー選択は、視聴のみで、BDなどへの録画には対応していない。

 トリプル、ダブルチューナ機には、Wi-Fi経由でスマートフォンやタブレットに録画番組を転送できる「ワイヤレスおでかけ転送」に対応。全機種でレコーダー内にあるコンテンツを、ホームネットワーク経由で対応のテレビやタブレット、iPhone、iPadから視聴できる「家じゅうどこでも視聴」も可能だ。スマートフォンを使って外出先から番組の録画予約もできる。

  • 全5機種をラインアップする

  • BDZ-ET2100(HDD:2Tバイト 店頭想定価格:11万円前後)
  • BDZ-ET1100(HDD:1Tバイト 店頭想定価格:9万円前後)
  • BDZ-EW1100(HDD:1Tバイト 店頭想定価格:7万5000円前後)
  • BDZ-EW510(HDD:500Gバイト 店頭想定価格:6万5000円前後)
  • BDZ-E510(HDD:500Gバイト 店頭想定価格:5万5000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加