logo

KDDIウェブコミュニケーションズ、コラボレーションツール「corabbit」正式版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIウェブコミュニケーションズは10月9日、コラボレーションツール「corabbit(コラビット)」のベータ版サービス期間を終了し、正式版の提供を開始した。提供開始に際し、クラウドワークス、ChatWork、ランサーズと業務提携を締結している。

 フリーランスや少人数向けの「Pro」と、大規模なプロジェクトや社内利用などの大人数向けとして、メンバーのアクセス権限の管理なども行える「Team」を用意。いずれも無償版の「Free」 を含む、それぞれ「Small」「Meduim」「Large」の4プラン、計8プランを用意している。

 corabbitは、クラウド型のコラボレーションツール。会社やグループ、プロジェクトなどでファイルを共有できる他、グループ内のコメント機能や、ファイル履歴の自動保存などの機能を利用できる。

 正式版では、デザイナーやクリエーターなど、画像やファイルの管理が多い職種向けに、機能を充実。デザインした画像やレイアウトは、プレビュー機能を使って、ファイルをアップロードすることが可能。プロジェクトメンバーは確認ののち、プレビューに対するコメントをつけることができる。画像の形式は、JPG、GIF、PNGの他、有償版ではAdobe PhotoshopやAdobe Illustratorにも対応している。

 Windows、Mac用のアプリケーションも、ベータ版として提供。プロジェクトごとにローカルマシンのファイルやフォルダと同期でき、 サイトへログインすることなくcorabbitの機能を利用できる。

-PR-企画特集