logo

東芝、まるごと録画の「レグザサーバー」を拡充--HDDレコーダーもラインアップ

加納恵 (編集部)2013年10月08日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は10月8日、まるごと録画ができる「タイムシフトマシン」機能を搭載した「レグザサーバー」に、HDDレコーダー「D-M470」(店頭想定価格:10万円前後)とBDレコーダー「DBR-T460/T450」(同:12万円前後/10万円前後)の3機種を追加したと発表した。いずれも10月30日に発売する。

  • 「D-M470」

 D-M470は、地上デジタルチューナ7個、BS、110度CSデジタルチューナ1個と、2TバイトのHDDを搭載し、6チャンネル分を最大7.5時間分録画できる、まるごと録画モデルだ。

  • 「DBR-T460」

 1.75Tバイト分のHDDと地上デジタルチューナ6個をタイムシフトマシン用に割り当てており、通常録画用のBS、110度CSデジタルチューナをタイムシフトマシン用に変更することも可能。タイムシフト用に設定すれば、最大7チャンネル分をまるごと録画することができる。

  • 「DBR-T450」

 DBR-T460/T450は、地上デジタルチューナ3個、BS、110度CSデジタルチューナ3個を内蔵し、いずれのチューナもタイムシフトマシン用に変更できる。設定に応じて3番組同時録画、3チャンネルタイムシフト録画、2番組同時録画と1チャンネルタイムシフト録画、1番組録画と2チャンネルタイムシフト録画の4つのスタイルで使用可能だ。

 HDD容量はT460が2Tバイト、T450が1Tバイト。いずれもタイムシフトマシン用としてUSB HDDの接続ができ、録画日数を増やすことができる。

 全機種ともに好みの番組を簡単に探せる「ざんまいプレイ」を備え、DBR-T460/T450には字幕から該当シーンの頭出しをする「字幕シーンジャンプ」にも対応。マジックチャプター「入」で録画した番組の再生中に「おまかせ」ボタンを押せば、プレイリストを作成することなく本編のみを再生することが可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集