J-WAVEでクラウドファンディング活用のラジオ番組を制作へ--「READYFOR」らと連携

佐藤和也 (編集部)2013年10月07日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は10月7日、J-WAVEとオーマと連携し、クラウドファンディングを活用した、リスナー参加型のラジオ番組制作を行う共同事業「LISTENERS’ POWER PROGRAM(リスナーズ・パワー・プログラム)」を開始することを発表した。

 このプログラムでは、ソーシャルグッド(社会にいいこと)をテーマに、番組企画案をJ-WAVEのリスナーから募集。LISTNERS’ POWER PROGRAMチームが優れた企画案を選定し、専門家を交えてブラッシュアップした上で、最終的に番組企画としての採用を決定。その決定した案件を、オーマが運営するクラウドファンディング・プラットフォーム「READYFOR」を通じ、リスナーからの資金協力を得ることで実現を目指すというもの。

 第1弾の企画募集は10月7日から開始し、12月~2014年1月頃にJ-WAVEの特別番組としてオンエアする予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加