アマゾン、独自のセットトップボックスに他社製アプリも搭載か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年10月04日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、「Amazon Instant Video」サービスなどの動画にアクセスできるセットトップボックスを2013年秋にリリースすると見られている。The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間10月3日、「同社の計画について概要を把握している」複数の人物の話として報じたところによると、このセットトップボックスはAmazon独自の動画サービス向け機能に加えて、さまざまな他社製アプリも搭載するという。

 Amazonはセットトップボックスの発売に向けて提携を模索するため、各方面のアプリ開発者やケーブルテレビ事業者に接触したと、WSJの記事は伝えている。WSJの情報筋によると、Amazonはパートナー候補に対し、同デバイス向けアプリの提出期限を10月中旬に設定したという。

 WSJによるとAmazonは、「Cinnamon」という開発コード名が付いているこのセットトップボックスについて、発売日や価格の予定を明らかにしなかったという。

 Amazonのセットトップボックス(「Firetube」という名称になる可能性がある)は、同社を一部のパートナーと直接競合する立場に置くことになる。このハードウェアはまた、「Apple TV」など既存のデバイスとも競合する。さらに、次々と報じられているように、AmazonがインターネットベースのテレビサービスでIntelと提携する可能性も低いようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加