東芝、広色域と高輝度で実現する“プレミアム2K”画質--REGZA Z8/J8

加納恵 (編集部)2013年09月25日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Z8」シリーズ

 東芝は9月25日、液晶テレビ「REGZA」シリーズに、独自の「ダイレクトピュアカラーパネル」を採用した「Z8/J8」シリーズを追加した。広色域による鮮やかな色再現と透過率の向上による輝度アップで“プレミアム2K”モデルと位置づけ展開していく。11月上旬に発売する。

  • 「J8」シリーズ

 両シリーズともに42、47、55V型の3サイズ展開。1920×1080ピクセルのフルHD解像度のIPSパネルと直下型広色域LEDによるダイレクトピュアカラーパネルを搭載し、高輝度、高コントラストの美しい映像を再現するとしている。

  • 映像エンジンには」REGZA ENGINE CEVO」を搭載

 LEDバックライトを広色域化したことで色再現性を大幅に向上したことが最大のポイント。太陽の下でみる自然な明るさと色を再現するほか、放送の色域に圧縮された色も本来の鮮やかな色を取り戻すほか、「ハイダイナミックレンジ復元」により、白い花びらなどの質感を正確に表現する。

 従来6種類だった「コンテンツモード」も、15種類へと拡充した。ビデオ、シネマ、アニメのコンテンツモードでは、さらに「4KマスターBD」「BD」「放送」「ネット動画」と細分化することで、よりきめ細やかな映像調整ができる。

  • 新採用されたラビリンスバスレフ型のスピーカ

 音質面も強化した。新開発の「ラビリンスバスレフ型スピーカー」をベゼル下部にインビジブルスピーカとして内蔵。合計出力を30Wにすることで、インビジブルスピーカながら、奥行き感と力強さのある音を再現するとしている。

 Z8/J8ともに、USB HDD接続による録画にも対応。Z8のみ、地上デジタル放送を6チャンネル分まる録りできる「タイムシフト」機能を進化させた「タイムシフトプラス1」を搭載。これは地上デジタル放送6チャンネルに加え、BS、110度CSデジタル放送などの中から1チャンネルを、専用USB HDDに録画できるというもの。これにより通常のタイムシフトはゴールデンタイムのみ、専門チャンネル24時間のまる録りといった使い方ができる。

  • 「ざんまいプレイプラス1」の画面。より細やかなコンテンツ検索ができる

 タイムシフト録画した番組は「ざんまいプレイ」により検索も簡略化。タイムシフトプラス1で録画した番組は、「ざんまいプレイプラス1」を利用することで、より専門的な検索も可能になった。これはBSやCS放送の専門チャンネルを録画した際、便利に使える機能で、映画専門チャンネルならば、アニメ、洋画、邦画など、スポーツ専門チャンネルならば野球、サッカー、モータースポーツなどの分類別に表示ができる。

 加えて、Androidアプリ「RZボイスリモ」を使えば、「ゴルフが見たい」「今日の○○が見たい」と声で番組名を言うだけで、特定の番組をピックアップできる。

 全モデルで、次世代サービス「ハイブリッドキャスト」に対応するほか、スマートフォンを充電しながら中のコンテンツをテレビに映し出せるMHL対応端子も装備。Z8シリーズのみ、別売のシアターグラス「FPT-P200J」と組み合わせれば3D再生もサポートする。

  • 55Z8(55型、店頭想定価格:26万円前後)
  • 47Z8(47型、店頭想定価格:21万円前後)
  • 42Z8(42型、店頭想定価格:16万円前後)
  • 55J8(55型、店頭想定価格:22万円前後)
  • 47J8(47型、店頭想定価格:17万円前後)
  • 42J8(42型、店頭想定価格:12万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加