dts Japan、東京ゲームショウ2013で「DTS Headphone:X」の最新デモ

加納恵 (編集部)2013年09月20日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 dts Japanは、東京ゲームショウ2013にてバーチャルサラウンドソリューション「DTS Headphone:X」(Headphone:X)の最新デモを披露した。

  • 「DTS Headphone:X」のデモ画面

 Headphone:Xは、ヘッドホンで最大11.1chのサラウンドサウンドを再生できるというもの。通常ヘッドホンを使用して音楽を再生すると、頭の中で音楽が鳴っているように聞こえるが、Headphone:Xは、サウンドを「外面化」することによって、自分の周りをスピーカの音が取り巻いているように聴こえることが特長だ。そのため実際に体験すると、自分の周りにスピーカがあり、そこから音が出ているような錯覚に陥る。ヘッドホン自体に特別な処理を施す必要はなく、通常使用しているヘッドホンをそのまま使用できる。

 dts Japanでは1月に開催した2013年度事業戦略説明会で、Headphone:Xを国内初披露。その際は事前にHeadphone:X専用に信号処理をしたものを用いたが、今回はゲームコンテンツをリアルタイムにHeadphone:Xへと最適化した。

 デモはゲーム機とHeadphone:Xにリアルタイム処理ができるソフトウェアをインストールしたPCを接続して実施。コンテンツには、サラウンド感のある戦闘ゲームを使用した。Headphone:Xは最大11.1chまでのサラウンド再生に対応しているが、今回はゲームソフトにあわせて7.1chでのサラウンド再生となった。

 デモでは、通常のステレオ再生との聴き比べもしたが、同じコンテンツとは思えないほどの迫力。銃撃戦や戦闘シーンなどは、敵との位置関係などが音声によってより正確に把握できる。

 Headphone:Xの商品化については、ゲーム機向けヘッドセットなどを展開する米Turtle Beachが採用することを発表しており、日本市場にも早ければ2013年内に出てくる可能性があるとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加