logo

カプコン、「モンスターハンター4」を200万本出荷--発売4日後に達成

佐藤和也 (編集部)2013年09月17日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは9月17日、9月14日に発売したニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4」について、国内で200万本を出荷したことを発表した。サードパーティのニンテンドー3DS用ソフトとしては国内最高の出荷本数としている。

キャプション
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年に家庭用ゲームでの第1作を発売し、これまでにシリーズ累計販売本数が2500万本にものぼる。

 「モンスターハンター4」では、新たなモンスターや武器の登場に加え、シリーズ初となる高低差を活かした立体的なアクションや、インターネット通信によるマルチプレイへの対応などの新要素を搭載。発売4日後での200万本の出荷はこのほかにも、長野県渋温泉との連携による地域振興のほか、飲食物やアパレルなど、他業種との積極的なコラボレーションによる多面的なプロモーション活動が功を奏したという。

 今後「モンスターハンターフェスタ'13」を全国5都市で実施するとともに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボレーションイベント「モンスターハンター・ザ・リアル2014」を開催するなどさまざまな施策により、さらなるユーザー層の拡大とブランド価値の向上を目指すとしている。

-PR-企画特集