logo

SCEJA、PS4の2月発売は「最善であると判断」--新型PS VitaやPS Vita TVで攻勢に - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2013年09月10日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4の2月発売は「最善であると判断した」

 注目されたPS4については、既報の通り2月22日に発売することを発表した。価格は4万1979円で、周辺機器のPS Cameraを同梱したモデルは4万6179円。10月5日より予約を開始する。

 北米では11月15日、欧州では11月29日に発売する予定で、約3カ月ほど発売が遅れることとなる。この理由について「私たちが最も重要視したのはコンテンツ(タイトル)の準備。欧米の有力なタイトルが日本向け発売の準備ができていること、そして日本独自のタイトルがそろっていること。そのタイミングを社内で検証し、パブリッシャーとも議論した結果、2月22日が最善であると判断をした」(SCEJAプレジデントの河野弘氏)という。

 その遅れに配慮し、日本向けにはファーストリミテッドパックを同日に数量限定で発売する。PS4本体に加え、PS4用ソフト「KNACK」がダウンロードできるプロダクトコード、通常保証期間(メーカー保証期間)に加え1年間の延長保証をセットにしたもの。価格は4万1979円、PS Cameraを同梱したモデルも4万6179円と、通常本体と同価格となっている。

  • ファーストリミテッドパックの内容物

  • ソニー・コンピュータエンタテインメントのワールドワイド・スタジオプレジデントである吉田修平氏が「KNACK」について説明。「クラッシュバンディクー」や「ラチェット&クランク」を手掛けたマーク・サニー氏が総監督を務めるアクションゲームとしている

  • PS4には「THE PLAYROOM」という、PS CameraとコントローラーのDUALSHOCK 4を使ったゲームソフトもプレインストールしている

 PS4向けのタイトルラインアップは、現時点でローンチタイトルの19本を含む、51タイトルを用意している。いくつかのタイトルはPS3版の発売も予定しているが、PS4デジタル版へ安価にアップグレードできるプログラムも期間限定かつタイトルによって用意するとしている。またDUALSHOCK 4のシェアボタンひとつでゲームプレイの生中継が可能。国内ではUSTREAMやTwitchに加え、ニコニコ生放送にも対応したとしている。

  • コーエーテクモゲームスは「三國無双7 with 猛将伝」を本体と同時発売

  • セガは「龍が如く 維新!」をPS3とPS4で2月22日発売。一部ゲームはPS Vitaでも楽しめるクロスプレイを取り入れる

  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEOの森下一喜氏と、グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役の須田剛一氏が登壇。両社による第一弾タイトル「リリィ ベルガモ」を発表

  • カプコンは、発表済みのオンラインゲーム「deep down」の実機デモを披露

  • スクウェア・エニックスは「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のPS3版からPS4版への移行を無料で実施。2月22日からはPS4版のベータテストを開始予定

  • 角川ゲームスは、新たに立ち上げた角川ゲームススタジオによる「ナチュラルドクトリン」を発表

  • アークシステムワークスは人気対戦格闘ゲーム新作の「ギルティギア イクザード サイン」を発表

  • ディースリー・パブリッシャーは人気シリーズである「地球防衛軍」の開発ならびに、「ドリームクラブ ホストガール オンステージ」をローンチタイトルとして発売する

  • バンダイナムコゲームスはガンダムシリーズならびにアイドルマスターシリーズのコンテンツをPS4向けに開発する

セットトップボックス「PlayStation Vita TV」をサプライズ発表

 カンファレンスの最後には、据え置き型ゲーム機「PlayStation Vita TV」(PS Vita TV)の発売をサプライズ発表。世界に先駆けて、日本では11月14日発売予定で、価格は9954円となっている。PS Vitaのチップセットとシステムソフトウェアを採用した、これまでのプレイステーションハードのなかでは最小のゲーム機。PS Vitaの各種タイトルから、ゲームアーカイブスの初代PlayStation、PlayStation Portable(PSP)までの多数のタイトルが楽しめるほか、各種ビデオ配信サービスを利用できる。HDMI端子とUSB端子を搭載。将来的にはPS4のリモートプレイにも対応予定としている。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOであるアンドリュー・ハウス氏は「テレビで楽しめる、あらゆるエンターテイメントを、小さな筐体に凝縮した。PS Vita TVがテレビをより楽しく進化させてくれる」と意気込んだ。

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOであるアンドリュー・ハウス氏

  • 将来的にPS4のリモートプレイも対応予定

  • PS Vita TV単体とは別に、コントローラとメモリーカードをセットにしたバリューパックも販売する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]