JVC×ケンウッドがコラボオーディオシステム--直販サイトで台数限定販売

加納恵 (編集部)2013年09月06日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは9月6日、JVCブランドの「ウッドコーン・オーディオシステム」と、ケンウッドブランドの「Kシリーズ」のコラボレーションセットを直販サイトのビクターダイレクトKenwood ec directにて販売すると発表した。同日から販売を開始している。

  • 「JK-RB21」

 コラボレーションセットは、すでに発売されているKシリーズのCDレシーバユニット「R-K531」とウッドコーンスピーカの新モデル2機種をそれぞれシステムアップしたもの。ブラックモデル「R-K531-B」とウッドコーンスピーカの「SX-WD21」を組み合わせた「JK-RB21」(価格:4万4800円)と、シルバーモデル「R-K531-S」とウッドコーンスピーカ「SX-WD11」を組み合わせた「JK-RS11」(価格:3万9800円)の2モデルを用意。合計で100セット限定で販売される。

 R-K531は、CDプレーヤー、アンプ、FM/AMチューナ、iPhone/iPodドックなどを一体化したCDレシーバユニット。Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレット内の音楽ファイルをワイヤレス再生することができる。Bluetooth接続時は独自の「ブルートゥース・サウンド・エンハンサー」により、音質を改善。豊かな音質を再生するとのことだ。

 SX-WD21は口径9cm、SX-WD11は口径8.5cmのウッドコーンユニットを採用したスピーカシステム。天然無垢材の木製キャビネットを使用し、スケール感のあるサウンドを再現するとしている。単体価格はX-WD21が2万2800円、X-WD11が1万7800円。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加