ソニー初、BA×ダイナミックのハイブリッド型ヘッドホン--ハイレゾ対応機も

加納恵 (編集部)2013年09月05日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「XBA-H1」

 ソニーは9月5日、インナーイヤー型ヘッドホンにバランスドアーマチュアとダイナミックドライバを搭載したハイブリッドタイプの「XBA-H1/H2/H3」を発表した。店頭想定価格はH1が1万6000円前後、H2が2万6000円前後、H3が3万7000円前後。10月25日に発売する。

  • 「XBA-H2」

 ソニーでは、ダイナミックドライバ型、バランスドアーマチュア型のヘッドホンをそれぞれ発売しているが、ハイブリッド型を発売するのは今回が初めて。解像度の高い中~高域再生に優れるバランスドアーマチュアと、豊かな中~低域再生を実現するダイナミックドライバの両方を採用することで、さらなる高音質を再生するとしている。

  • 「XBA-H3」

 全機種ともにフルレンジのバランスドアーマチュアを内蔵し、H1には口径9mm、H2には口径13.5mm、H3には口径16mmのダイナミックドライバを搭載。H3のみアルミニウム合金振動板を採用した新開発のHDスーパートゥイータのバランスドアーマチュアも備え、ハイレゾ音源の再生にも対応する。

 H2、H3には、余計な振動をなくし、中~高域の高解像度再現を実現する液晶ポリマーフィルム振動板を使ったダイナミックドライバを内蔵。両機種ともにコードは着脱式で、標準コードのほかマイク付きリモコンを付けたスマートフォン用コードが同梱される。

 全機種ともにハウジング部に通気孔を設けた「ビートレスポンスコントロール」により、リズムを正確に再現。イヤーピースには、内部に発泡クッション材料を使用した「シリコンフォームイヤーピース」を使用し、高い装着安定性と遮音性を実現する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加