HTC、「Desire 601」と「Desire 300」スマホを発表--サブウーファ「BoomBass」も

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年09月04日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのベルリンで今週開催される「IFA 2013」を目前に控え、HTCが先陣を切ってスマートフォンを発表した。同社は「HTC Desire 300」と「HTC Desire 601」、Vivid Blue(鮮やかなブルー)の「HTC One」と「HTC One mini」を2013年第4四半期に発売すると発表。またBluetooth対応のサブウーファ「HTC BoomBass」によってアクセサリのラインアップを拡充するという。

HTC Desire 601

 HTC Desire 601はHTC OneとHTC One miniの中間に位置する製品のように見受けられる。この製品は4.5インチのqHDディスプレイや、「HTC Zoe」と「Video Highlights」「HTC BlinkFeed」をサポートする5メガピクセルのカメラ、「HTC BoomSound」スピーカを搭載する。仕様は以下の通りだ。

  • Qualcommの1.4GHzデュアルコアプロセッサ「Snapdragon 400」
  • 4.5インチのqHDディスプレイ
  • 8Gバイトの統合メモリおよびmicroSDカードスロット
  • 1GバイトのRAM
  • 802.11 a/b/g/n WiFiと、Bluetooth 4.0(aptX対応)
  • 5メガピクセルのVGA前面カメラ
  • 2100mAhのバッテリ
  • 本体サイズは134.5×66.7×9.88mmで、重量は130g

HTC Desire 601
提供:Andrew Hoyle/CNET

HTC Desire 300

 HTC Desire 300はエントリーレベルの「Android」搭載端末だ。しかし、性能的にサードパーティーアプリのインストールに難があるため、筆者はこの製品の購入者層を思い浮かべることができない。バッテリは取り外し可能だが、メモリについてはユーザーをいらつかせることになるだろう。仕様は以下の通りだ。

  • Qualcommの1GHzデュアルコアプロセッサ「Snapdragon S4」
  • 4.3インチのWVGAディスプレイ
  • 4Gバイトの統合メモリおよびmicroSDカードスロット
  • 512MバイトのRAM
  • 802.11 b/g/n WiFiと、Bluetooth 4.0(aptX対応)
  • 5メガピクセルのVGA前面カメラ
  • 取り外し可能な1650mAhのバッテリ
  • 本体サイズは131.78×66.23×10.12mmで、重量は120g

HTC Desire 300
提供:HTC

HTC BoomBass

 撮影した動画を見せたり、家族や友人と一緒にYouTubeを視聴する際には、HTCの前面ステレオスピーカBoomSoundが威力を発揮するだろう。とはいえ、ほとんどの人は携帯電話で楽曲を聴いたり、通勤通学時に動画を視聴する際にヘッドフォンを使用する傾向にある。HTCは、BoomSoundのエクスペリエンスを向上させるための専用アンプを搭載した、Bluetooth対応のサブウーファを発売する予定だ。


HTC BoomBass
提供:Andrew Hoyle/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加