logo

小さな「ヒトの脳」培養に成功--ウィーンの研究所で

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年09月02日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 科学誌Natureに掲載された研究によると、ウィーンのInstitute of Molecular Biotechnology(分子生物工学研究所)の生物学者らが、幹細胞を使ってヒトの脳を作り出したという。この脳は完全に成長してはおらず、組織の3次元的な一部分であり、見た目は9週間の胎児の脳に似ている。大きさは約3~4mmだ。

 それでも、この脳のモデルには明確な領域、たとえば背側皮質、腹側前脳、未発達の網膜などがある。

 「パーツは正しく組織されているが、正しく組み合わされてはいない」。Popular Scienceによると、研究コーディネーターのJuergen Knoblich氏はこう語ったという。同氏はこの脳について、「エンジンやホイールが付いた自動車だが、エンジンがルーフに付いているため、走ることは決してない。ただし、この自動車を入手してエンジンの仕組みを分析することはできる」と表現している。


ヒトの幹細胞から作られた脳のような組織の断面図
提供:Madeline A. Lancaster

 科学者らの目標は、研究室で成長した脳を使って、統合失調症や自閉症などの病気を研究できるようにすることだ。神経系疾患の多くについて確定的な研究をするには、どうやら動物の脳はヒトの脳とは違いすぎるようだ。

 科学者らはこれまで、肝臓や心臓組織など、身体のこれ以外の部分を作ってきたが、こうした組織は脳の複雑さには遠く及ばない。Popular Scienceによると、今回作られた脳のモデルは、これまでに行われた体外培養の中で最も複雑だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集