logo

NTTドコモ、TBSとの業務・資本提携に合意--スマホ向け映像コンテンツを強化

坂本純子 (編集部)2013年08月29日 16時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは8月29日、東京放送ホールディングス(TBSホールディングス)、TBSテレビと、スマートフォン向けの新コンテンツおよび関連サービスに向けた業務提携に合意したと発表した。

 これに伴い、ドコモは、TBSホールディングスの普通株式571万3000株を約70億円で取得することをTBSホールディングスと合意。これは発行済株式総数の約3%にあたるという。払込日は9月13日の予定。

 両社は、(1)TBSホールディングス及びTBSテレビが保有する赤坂ACTシアター/赤坂BLITZ等で開催される興行イベント(演劇/音楽ライブ・コンサート/展覧会等)へのドコモの参画とチケット販売拡大に向けた協業。(2)興行イベントに関連した映像コンテンツ、商品、サービスの「dマーケット」等での提供。(3)「dビデオTM」「dアニメストア」「NOTTV」等のスマートフォン向け映像コンテンツの充実に向けた、番組やコンテンツの共同企画及び制作──などで合意したとしている。

 ドコモとTBSテレビは、これまで「dビデオ」、「dアニメストア」、「NOTTV」向けの映像コンテンツ配信等において協業関係を構築してきた。今回の業務資本提携を通じて協業関係を一層強化し、スマートフォンでより便利に楽しめる興行イベントや映像コンテンツの提供を推進するとしている。

-PR-企画特集