logo

キヤノン、プリンタ「PIXUS」シリーズ--本体からクラウドデータのプリントも

坂本純子 (編集部)2013年08月27日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは8月27日、プリンタPIXUSシリーズとして4機種9モデルを発表した。9月5日に発売する。

新ラインアップ
新ラインアップ

 2013年秋モデルでは、いずれもWi-Fiとスマートフォンに対応し、アプリからプリントアウトができる機能やSNSやストレージサービスとの連携を強化した。また、6色インクモデルを拡充。ハイエンドモデル「MG7130」に加え、「MG6530」も6色インクに対応した。

 MG7130は、操作キーを光で知らせてくれる「インテリジェントタッチシステム」により、迷わず操作できることを特長とする。また、カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブラウンの4色をラインアップする。

左から、キヤノン 取締役インクジェット事業本部長の大塚尚次氏、桐谷美玲さん、キヤノンマーケティングジャパン 代表取締役社長の川崎正己氏、キヤノンマーケティングジャパン 取締役 専務執行役員 イメージングシステムカンパニープレジデントの佐々木統氏
左から、キヤノン 取締役インクジェット事業本部長の大塚尚次氏、桐谷美玲さん、キヤノンマーケティングジャパン 代表取締役社長の川崎正己氏、キヤノンマーケティングジャパン 取締役 専務執行役員 イメージングシステムカンパニープレジデントの佐々木統氏

 なお、PIXUSを“シャア専用”にカスタマイズできる「デカールシール」を同梱した、シャア専用カスタマイズキット付き「PIXUS MG7130」も500台限定で発売するとしている。

 MG6530は、ブラックのみの展開で、インテリジェントタッチシステムには対応しない。このほかにも、スタンダードモデルとして5色ハイブリッド(独立インク)を採用した「MG5530」、コンパクトなベーシックモデル「MG3530」がラインアップする。

 MG7130、MG6530、MG5530の3モデルは本体からクラウドサービスデータのプリントに対応。flickerやFacebook、Twitter、Evernote、Dropboxなどのストレージ上に保存されたデータをプリンタ本体のディスプレイ画面から操作すれば、PCなしでもプリントができる。また、オリジナルコンテンツも強化し、ペーパークラフトや「リラックマ」などのキャラクターの便箋や包装紙などをプリントできる。

  • 上位モデルに搭載する6色ハイブリッドシステム

  • プリンタからダイレクトにSNSやストレージサービスのデータをダウンロードし、プリントできる機能を強化

  • スマートフォンアプリとプリンタの連携も強化した

  • Facebook上の書き込みとともにプリントできる楽しい機能も

  • 内蔵コンテンツやウェブからダウンロードできるコンテンツを強化し、打ち出した背景+プラモデルで写真を楽しんでもらう試みも

 キヤノンオンラインショップ販売予定価格は、MG7130が2万9980円、MG6530が2万4980円、MG5530が1万7980円、MG3530は1万980円。このほかにも、「キヤノン写真用紙 光沢[プロ] プラチナグレー ド PT-201シリーズ」(980円~)や「キヤノン写真用紙 プレミアムマット PM-101シリーズ」(980円~)などの用紙も5シリーズ22種類が発表されている。

コミュニケーションパートナーとしてCMに出演する桐谷美玲さん
コミュニケーションパートナーとしてCMに出演する桐谷美玲さん
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集