誕生から10年、ブログは何を生みだしたのか--「ブロガーサミット2013」で識者が語る

岩本有平 (編集部)2013年08月24日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年は、国内でブログサービスが始まって10年になるという。この10年、ブログは個人の日記のような存在から始まり、個人の情報発信や交流の場、企業と顧客の接点、はたまたネット上の情報の集約の場と、さまざまな形に成長してきた。

 そんなブログの書き手である「ブロガー」が一堂に会し、この10周年を振り返り、また、未来について語るイベント「ブロガーサミット2013」が8月24日、東京・渋谷にて、アジャイルメディア・ネットワークの主催で開かれた。

 1つ目のセッションとなったのは、「ブログ~この10年~」。ギズモード・ジャパン初代編集長であり、ブログ「小鳥ピヨピヨ」を運営する清田いちる氏、フリーライター/IT戦士の岡田有花氏、ネットウォッチャーのOtsune氏、LINE執行役員でブログ「アルカンタラの熱い夏」を運営する佐々木大輔氏の4人によるパネルセッションが繰り広げられた。

  • 会場の様子

ブログはどんな存在か

 モデレーターを務めたアジャイルメディア・ネットワーク ブロガーリレーション担当でブログ「エアロプレイン」を運営する中山記男氏はまず、パネリストにそれぞれが考えるブログの存在について尋ねた。

 ニフティのブログサービスである「ココログ」を立ち上げ、その後「ギズモード・ジャパン」の編集長として活躍し、一方ではシックス・アパートで「zenback」などの製品を手がけていたいちる氏は、「文字通り公私ともにブログしかやっていない」(いちる氏)と説明。ブログは「この10年」そのものだと語る。アイティメディアが手がけるウェブメディア「ITMedia」の記者から「nanapi」を運営するnanapiの編集者となり、現在フリーライターとして活躍する岡田氏は、自身が3回ほどブログを立ち上げたがいずれも続かないと説明した上で、他者のブログについて「人生がはみ出ている感じ、はみ出てそれが混じって化学反応が面白い」(岡田氏)とした。

 パソコン通信サービスの「NIFTY-Serve」からメーリングリスト、NetNews、ブログ、SNSまでさまざまサービスでオンラインコミュニティを見てきたというOtsune氏。同氏はブログは特別なものでなく「メディアの1つ」でしかないと語る。「中身の人間がやっている議論や炎上は変わらない」(Otsune氏)。新卒で入社したインフォバーン、その後のライブドア(現在はLINE)でブログ事業をやってきた佐々木氏は「仕事そのもの」とした。

最大の発明は「パーマリンク」

 ブログとともに、はたまたそれを横目に見つつ10年を過ごしてきた4人だが、この10年のブログを取り巻く環境の変化をどうとらえているのか? これに対して佐々木氏は「ステマ」、つまりステルスマーケティングの存在を挙げて、その変化を語る。「ステマ自体はそれまで手法としてはあったかも知れない。だが普通の人ができるものではなかった。それができることになったのは大きな変化」(佐々木氏)

 いちる氏は“ブログの最大の発明の1つ”として「パーマリンク(各エントリーに付けられる固有のURL)」を挙げる。それまでの日記サイトなどでは、日付ごとのリンクが存在せず、スクロールして読みたい日付の記事を読むという必要があった。それが、各ページにURLが割り振られることで、日ごと、エントリーごとの記事に容易にアクセスできるようになったとした。「パーマリンクがあるからブックマークサービスがある。当時(この仕組み)は新聞社が怖がっていた」(いちる氏)。さらに社長ブログ、芸能人ブログなどの登場で良くも悪くも有名人と一般人の距離が近くなり、一方では一般の人でも“大炎上”となることも増えたと語る。

 メディア側からブログを見てきた岡田氏は、ブログの登場時には「一般の人がメディアになれる」という“Web2.0的なユートピア論”があったと振り返る。しかし実際はアルファブロガーと呼ばれるような一部のブロガーを除けばマスメディアの下にブログがある構図が変わらなかったと語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加