ぐるなびがSquare、三井住友カードと提携--集客支援サービスの決済機能を強化

岩本有平 (編集部)2013年08月22日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぐるなび、Square、三井住友カードの3社は8月22日、「ぐるなびPRO認証システム」の決済機能強化を目的にした協業を開始すると発表した。

 ぐるなびPRO認証システムは、全国のぐるなび加盟店のうち、約1万店が利用する集客支援サービス。店舗利用者が来店時に携帯電話やスマートフォンで「チェックイン」することで、ポイントサービスの「ぐるなびスーパー『ぐ』ポイント」のポイントを貯めたり、それを支払いに利用したり、来店情報をもとにユーザーに最適なサービスを提供したりできる。

 従来は同システム設置店舗がクレジットカードと電子マネーでの決済を受け付けるには、システムに対応するタブレットなどのスマートデバイスに加えて、クレジットカードおよび電子マネー決済用の専用端末がそれぞれ必要だった。

 今回の協業により、ぐるなびPRO認証システム対応のスマートデバイスでぐるなびのポイントサービスが利用できることに加えて、Squareによるクレジットカード決済や三井住友カードによる電子マネー決済が利用できるようになる。クレジットカード決済は2013年8月からサービスを開始予定。電子マネー決済については、2013年度中の提供を検討している。

 ぐるなびの調査によると、飲食業界では4割~5割がクレジット決済を未導入で、9割以上が電子マネー未導入だという。今回の協業により、全国約13万7千店のぐるなび加盟飲食店に対し、ぐるなびPRO認証システムの導入提案を実施。加盟店および店舗利用者の利便性を向上させるとしている。

 Squareによると、すでに国内複数企業から提携に関するオファーを複数受けているという。今後も自社と提携先企業の価値を拡大できるものについては、積極的に提携を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加