ペルセウス座流星群--世界各地で撮影された光のショー

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国時間8月12日夜に、年に1度のペルセウス座流星群はピークを迎えた。この名で呼ばれているのは、地球がスイフト・タットルすい星のダストトレイルを横切る際に、たくさんの流星(1時間に100個観測される場合もある)が北東の空にあるペルセウス座から放射するように見えるからだ。

 時速数万マイル(時速1万マイルは時速約1万6000km)で飛んできた流星体は、地球の大気圏上部に突入する際に燃焼し、空に美しい尾を残す。今回の光のショーは、北半球で特に目立ち、南半球ではなんとか見える程度だ。

 デジタル処理で重ね合わせたこの画像には、Marcus Lu氏が12日にドイツで撮影した多くの写真が含まれている。

 世界中の見晴らしの良い場所で観測されたペルセウス座流星群のピークの写真をもっと見るには、写真をクリックしてほしい。
Scroll Right Scroll Left

 米国時間8月12日夜に、年に1度のペルセウス座流星群はピークを迎えた。この名で呼ばれているのは、地球がスイフト・タットルすい星のダストトレイルを横切る際に、たくさんの流星(1時間に100個観測される場合もある)が北東の空にあるペルセウス座から放射するように見えるからだ。

 時速数万マイル(時速1万マイルは時速約1万6000km)で飛んできた流星体は、地球の大気圏上部に突入する際に燃焼し、空に美しい尾を残す。今回の光のショーは、北半球で特に目立ち、南半球ではなんとか見える程度だ。

 デジタル処理で重ね合わせたこの画像には、Marcus Lu氏が12日にドイツで撮影した多くの写真が含まれている。

 世界中の見晴らしの良い場所で観測されたペルセウス座流星群のピークの写真をもっと見るには、写真をクリックしてほしい。

提供: Marcus Lu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加