logo

ジンガ、OMGPOP.comの閉鎖を発表

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年08月06日 09時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zyngaは、ゲーム「Draw Something」を開発したゲーム開発スタジオOMGPOPの閉鎖を正式に発表した。Zyngaは同社のプレーヤーサポートフォーラムにおいて先週、OMGPOPとその4つのゲームを閉鎖することをひっそりと発表した。

 「Draw Something」「Draw Something 2」「Draw My Thing」のサポートは継続される見込み。Zyngaは、2013年6月にOMGPOPチーム全体を解雇したが、OMGPOPの正式な閉鎖は米国時間9月30日になる予定である。同部門の他の4つのゲーム(「Cupcake Corner」「Gem Rush」「Pool World Champ」「Snoops」)は8月29日に廃止される予定。

 苦境が続くZyngaは2012年、Draw Somethingの人気が絶頂にあったOMGPOPを2億1000万ドルで買収した。買収直後に、高い人気を誇っていた同ゲームのプレーヤー数が減少し始めた。Zyngaは、後継タイトルであるDraw Something 2をリリースして、同ゲームのファンからの収益獲得を図ったが、Draw Something 2はオリジナルのDraw Somethingほどの人気を博すことはできなかった。OMGPOPとZyngaの関係は緊迫していたものと思われる。OMGPOPの元最高経営責任者(CEO)であったDan Porter氏が4月にZyngaを退職したことが、それを表していた。

提供:OMGPOP
提供:OMGPOP

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集