logo

シンプル操作を可能にするホームアプリ「Action Launcher Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Action Launcher Pro(Ver.1.8.6d)
金額:399円(2013年8月7日時点)
カテゴリ:カスタマイズ
開発:Chris Lacy
使用端末:Xperia A SO-04E
おすすめ度:★★★★☆

 Androidの画面は主に、「ロック画面」「ホーム画面」「アプリ画面」の3つで構成されている。この画面表示を管理しているのが「ホームアプリ」と呼ばれるアプリで、見た目だけでなく、操作性にも強く影響するものでもある。

 最近のNTTドコモの端末であれば、「docomo Palette UI」が標準搭載されているほか、ソニーの「Xperia」やシャープの「Feel UX」などメーカーによって独自のホームアプリが搭載されている。つまり、ソニー端末であれば、docomo Palette UIとXperiaという、2つのホームアプリを搭載していることになる。

 ここで紹介する「Action Launcher Pro」は、これらのホームアプリに属する製品で、余計な画面アクセスを排除した構造を採用しているのが特徴だ。導入するとドロワー(アプリ一覧画面)が表示されなくなり、すべてのアプリに画面左上のアイコンからアクセスするようになる。

  • 「Action Launcher Pro」の導入時。アプリが表示されなくなる

  • 左上のアイコンをタップすると、アプリやウィジェットにアクセスできる

  • アプリショートカットとフォルダを作成したところ

 アプリのアイコンを長押しするとホーム画面にショートカットを作成できる。また、ショートカット部を上または下にフリックすると、そのアプリに対応するウィジェットが表示される。もちろん、ショートカットをそのままタップするとアプリが起動するので、タップと上下のフリックによって異なる動きをするわけだ。

 また、ショートカットをドラッグ&ドロップで重ねるとフォルダが作成できる。通常は、アイコンが連なって表示されるが、特定のアイコンだけを前面に表示させることも可能。連なって表示される場合は、タップすることでフォルダ内が確認できる。ただし、特定のアイコンだけの場合はタップで該当するアイコンのアプリが起動し、上下フリックでフォルダ内を表示させるといった動きになる。

  • 右上のフォルダアイコンは、収納しているアプリアイコンが連なっている。タップすることで、フォルダ内を表示できる

  • 右下のフォルダアイコンは、一見するとアプリアイコンのようにみえる。しかも、タップでアプリが起動するため、そのままアプリショートカットとしても機能する。このアイコンを上または下にフリックすると、フォルダ内が表示できる

  • 左上のアプリショートカットを上または下にフリックすることで、そのアプリのウィジェットを起動できる

  • 左下のアプリショートカットには、任意のウィジェットを設定しており、上または下にフリックすることで、そのアプリとは別のウィジェットが起動する

  • 標準ホームアプリのようにも利用できる

 1つのアイコンに対して、アプリの起動だけでなく、フォルダやウィジェットの呼び出しなども設定できるため、ホーム画面をスッキリと運用できるわけだ。純正ホームアプリの操作性に慣れないなら、一度こういったサードパーティ製のホームアプリを試してみるのもよいだろう。

>>「Action Launcher Pro」のダウンロードはこちらから

「Action Launcher Pro」の動作画面
ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集