JVC、ハイアマチュア向けビデオカメラ--デュアルスロット&バッテリで安心長時間撮影

加納恵 (編集部)2013年08月01日 13時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、JVCブランドからショルダースタイルで撮影できるビデオカメラ「JY-HM70」(HM70)を発表した。「デュアルカードスロット」と「デュアルバッテリーマウント」を設け、ハイアマチュアやセミプロユーザー向けに展開する。発売は8月上旬。店頭想定価格は17万円前後になる。

  • 「JY-HM70」

 撮像素子には総画素1276万の1/2.3型裏面照射CMOSセンサを採用。AVCHD形式による1080/60pの動画と最大4000×3000ピクセルの静止画撮影が可能だ。F1.2レンズと組み合わせることで、最低照度1ルクスの高感度撮影も実現する。

 記録メディアは、SD/SDHC/SDXCカードで、同時に2枚のカードがセットできるデュアルカードスロットを採用。一方のメディアの容量がなくなったとき、もう一方の記録メディアに切り替えて途切れることなく撮影できるほか、記録中のメディアにエラーが生じると、自動的にもう一方のメディアに切り替えて撮影できる「オートリカバリーモード」も備える。

 バッテリも2つ装備できるデュアルバッテリーマウントを搭載。撮影を続けたままバッテリ交換ができるほか、長時間の撮影にも対応する。

 光学手ブレ補正と、パワーアクティブモード搭載の電子式手ブレ補正を併用でき、ズームやワイド撮影時でも安定した映像記録を実現。光学10倍、ダイナミック16倍のズーム撮影も可能だ。

 撮影状況に応じて、自動で最適な撮影ができる「インテリジェントオートモード」や、一定間隔で1コマずつ撮影できる「タイムラプス撮影機能」など、撮影機能も充実。独自の高音質化技術「K2テクノロジー」も搭載する。

 サイズは高さ232mm×幅227mm×奥行き472mmで、重量約3.1kg(バッテリ2個装着時)。3.0型のタッチ式液晶モニタを搭載するほか、0.24型のビューファインダも備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加