バッファロー、トランスコーダ搭載のDTCP+対応「リンクステーション」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは7月31日、家庭向けNAS「リンクステーション」のDTCP+対応モデル「LS410DXシリーズ」を発表した。

  • 「LS410DX」

 2Tバイトモデル「LS410D0201X」(価格:3万8850円)と3Tバイトモデル「LS410D0301X」(同:4万7775円)は、8月上旬に全国の家電量販店などで発売する。4Tバイトモデル「LS410D0401X」(同:6万1215円)は受注生産品となり、家電量販店などで注文できる。

 LS410DXシリーズは、著作権保護方式「DTCP+」に対応したNAS。本体に録画したテレビ番組を、外出先からDTCP+対応スマートフォンである富士通製「ARROWS NX F-06E」などで視聴できる。動画を圧縮してから配信するトランスコーダも搭載。録画番組を送信用に最適化し、3G/LTE回線でも安定した視聴が可能だという。

 パーソナルクラウド「WebAccess」機能も搭載し、録画番組のほか、写真や動画、音楽などをスマートフォンやタブレットからアプリで楽しむこともできる。標準添付のソフトウェア「DiXiM Digital TV 2013 for Buffalo」を使えば、外出先のPCからも視聴が可能だ。トランスコーダはPC視聴時には非対応。

 サイズは高さ127.5mm×幅45mm×205mmで、重量約1.3kg。背面にはLANポートとUSB2.0ポートを備え、外付けHDDにデータのバックアップが可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加