HP、マイクロソフト元幹部のR・オジー氏ら3名を取締役に

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月16日 07時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクトを務めていたRay Ozzie氏が米国時間7月15日、Hewlett-Packard(HP)の取締役会に加わった。

 Ozzie氏を含む3人の新しい取締役がHPに加わったことを、同社が15日に発表した。他の2人は、McDonaldの元幹部で現在はWalgreenの会長を務めるJames Skinner氏とLiberty Mediaの元最高経営責任者(CEO)であるRobert Bennett氏で、HPの取締役は12人に増えた。

 HPの取締役会は、前会長のRay Lane氏がソフトウェア企業Autonomyの買収をめぐる問題で辞任した後、変動が続いている。Ralph Whitworth氏がまだ暫定会長を務めているが、同社は同氏に代わる永続的な会長を探している。さらなる変革が見込まれている。

 同社は15日の声明で、「取締役会は今後数カ月間で、さらなる世界クラスの取締役とともに、非常勤の永続的な会長を探す予定である」と述べた。

 取締役会の再編は、消費者向け事業から撤退して企業のみにターゲットを絞ろうとして失敗した同社が、自社の方向性を模索するための動きである。この戦略転換(ただし、直ちに撤回することとなった)により、同社はPalmや「WebOS」モバイルプラットフォームの買収によってモバイル事業に参入する計画を廃止していた。

 Bennett氏は監査、財務、投資の各委員会に加わる。Ozzie氏は財務、投資、技術の各委員会、Skinner氏は監査、人事と報酬、指名とガバナンスの各委員会に加わる予定だ。

提供:Jay Greene/CNET
Ray Ozzie氏
提供:Jay Greene/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加