Verizon、モバイル用「Ubuntu」のキャリア向け協議会に参加

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2013年07月12日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Ubuntu」のモバイルOSに関するキャリア向け協議会「Carrier Advisory Group(CAG)」にVerizon Wirelessが加わった。同OSは、Googleの「Android」とAppleの「iOS」に次ぐ第3のモバイルOSを目指している。

 Ubuntuの開発元であるCanonicalは米国時間7月11日、ブログでVerizonの参加を発表した。

 CanonicalのCAG紹介ページによると、CAGは「移動体通信事業者によるUbuntuのモバイル戦略策定を促す。メンバーは、部外秘の情報について事前に説明を受け、Ubuntuがメンバーのニーズを満たせるように業界側の知見を提供する。CAGのメンバーにはローンチパートナーになる機会があり、参加している市場にUbuntuを出荷する権利を得る」という。

スマートフォン上でのUbuntu
スマートフォン上でのUbuntu
提供:Ubuntu/Canonical

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加