ソニー、手回し充電付きラジオがiPhone対応に--ソーラーパネル搭載機も

加納恵 (編集部)2013年06月18日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ICF-B88」。ボディカラーはシルバー

 ソニーは、手回し充電ができる非常用ラジオ「ICF-B88/B08」を発表した。スマートフォン、携帯電話に加え、iPhoneの充電にも対応する。発売は7月20日。店頭想定価格はB88が8000円前後、B08が7000円前後になる。

 ICF-B88/B08は、FM/AMチューナ、スピーカ、LEDライトを一体化した非常用ラジオ。充電用ハンドルを装備し、手で回すことで内蔵充電池に充電ができる。手回し充電は、ハンドルと機構を改善することで充電効率を約20%アップ。ハンドルつまみのグリップを大型化したほか、従来モデルに比べハンドルの長さを1.5倍にすることで扱いやすくした。1分発電でAMラジオ約60分だった聴取時間は、約75分にまで伸ばしている。

  • 「ICF-B08」。ボディカラーはオレンジとホワイト

 単3電池2本でも駆動でき、上位機となるB88は、ACアダプタ、ソーラーパネルからも充電することが可能。ソーラーパネルは本体上部に搭載され、屋外で晴天時に約1時間充電すれば、AMラジオが約60分聴取できる。

 本体にはJIS IPX4相当の防滴加工を施し、キッチンなどの水回りでの使用も可能。LEDスポットライトを備え、B08のみ周囲を明るく照らすソフトライトを上部に装備する。サイズは高さ79(B08は77)mm×幅132mm×奥行き58mmで、重量約338(B08は329)g。マイクロUSBケーブル、携帯電話充電用プラグアダプタ、ハンドストラップのほか、ハンドストラップに取り付けられる非常用の笛も付属する。

  • 携帯電話、スマートフォン用充電端子部

  • ハンドル部は機構を改善し、使いやすさを向上

  • ICF-B88はソーラーパネルを備える

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加