logo

「空飛ぶ自転車」、テスト飛行に成功

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月17日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「空飛ぶ自転車」が先ごろ、テスト飛行に成功した。チェコの複数の企業が製作したもので、普通の自転車と巨大なヘリコプターが合体したような姿をしている。

 この奇抜な乗り物は、マネキンを乗せて数分間にわたり飛行し、その機能を実証した。操縦には地上からラジコンを使う。220ポンド(約100kg)の自転車は、バッテリで動く6個のプロペラで宙に浮いた。これだけでも十分、夢を見せてくれる。ペダルをこいで道を走っていると空中に浮かび上がって、障害物を飛び越えたり知らない人たちを感動させたりするのだ。


マネキンを乗せた「空飛ぶ自転車」
提供:Michal Cizek/AFP/Getty Images

 「このプロジェクトに取り組む主な動機は、利益でも商業的な関心でもなく、われわれの少年のような夢を実現することだ」と、設計エンジニアリング企業TechnodatのマネージャーであるAles Kobylik氏はCeskeNovinyの取材に対して語っている。自転車メーカーのDuractecも、このプロジェクトに参画している。

 空飛ぶ自転車が実用的な移動手段となるまでには、まだいくつかの障害がある。まず、装置全体がかなり大きく、ペダルをこぐのが困難な上、通常の自転車専用道路に収まらない。マネキンを乗せて浮くことはできたものの、人間を乗せてさらに長い距離を移動するには、はるかに強力なバッテリが必要だろう。

 開発陣は、人間を運べるバージョンが2013年内にできる可能性があると考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集