logo

米ヤフー、1年間以上放置されているYahoo IDを希望者に提供へ

Donna Tam (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月13日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは米国時間6月12日、少なくとも1年間使用されていないYahoo IDをすべてリセットし、それらを希望者に提供すると発表した。

 しかし、それには当然、プロセスがある。ユーザーは7月中旬より自分の欲しいIDを申し込めるようになるが、どのIDを手に入れることができたのかは8月中旬まで分からない。

 プラットフォーム担当シニアバイスプレジデントであるJay Rossiter氏はYahooのブログ投稿の中で、「もし皆さんが私と同じなら、albert9330399@yahoo.comのようなIDではなく、albert@yahoo.comのような短くて魅力があり、覚えやすいIDが欲しいと思うだろう。Yahoo! IDは電子メールアドレスであるだけでなく、お気に入りのチームのスポーツスコアや地元の町の天気、ユーザーにとって重要なニュースなど、ユーザーの関心に応じてカスタマイズされたコンテンツへのアクセスもユーザーに提供する」と述べた。

 もしあなたが不活発なユーザーで、自分のYahoo IDを失いたくないのなら、7月15日までにログオンして、所有権を主張した方がいい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集