logo

アドビ、デザイン会社Ideacodesを買収--「Creative Cloud」部門を強化へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2013年05月29日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェア大手のAdobe Systemsは、株式非公開のクリエイティブコンサルタント会社Ideacodesを買収したと発表した。Ideacodesは、成長を続けるAdobeの「Creative Cloud」部門に統合される予定だ。

 サンフランシスコを拠点とするIdeacodesは9年前に設立され、スマートフォン向けアプリ、デジタル製品、オンラインコミュニティといった分野におけるユーザー体験に注力している。

 Adobeはこの最新の買収に込めた意図を隠していない。同社は先週、ニューヨークを拠点にモバイルアプリのデザインを手がける新興企業Thumb Labsを買収したが、最近では今回の買収がそれに続く第2の「acqui-hire」(買収による人材獲得)になると説明している

 Ideacodesの共同設立者であるEmily Chang氏とMax Kiesler氏は、Creative CloudチームのクリエイティブディレクターとしてAdobeに加わる予定だ。

 これ以外に、AdobeにおけるIdeacodesの将来について、今のところ詳細はそれほど明らかになっていない。

 だが、AdobeのCreative Cloud部門で製品管理担当バイスプレジデントを務めるJeff Veen氏は声明で、Ideacodesのリソースによって、クリエイティブ分野で働くプロフェッショナルへのさらなるサポートを世界規模で提供することになると示唆した。

 現時点で買収の金銭的条件は明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集