logo

ソニー、Wi-Fi内蔵機含むAVアンプ3モデルを発表

加納恵 (編集部)2013年05月10日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「STR-DN1040」

 ソニーは5月10日、AVアンプの新モデル3機種「STR-DN1040」(価格:6万8250円)、「STR-DN840」(価格:5万4600円)、「STR-DH740」(価格:4万2000円)を発表した。上位機種には有線LAN、Wi-Fi機能を備え、ホームネットワーク内の機器に保存した音楽ファイルの再生などが行える。6月10日から順次発売する。

  • 「STR-DN840」

 DN1040/DN840には、有線LAN、Wi-Fi機能を内蔵し、ホームネットワーク内にある音楽コンテンツをネットワーク経由で再生することが可能。PCやNASに保存した音楽の再生では、最大192kHz/24bit/2chのハイレゾリューション音源に対応する。

  • 「STR-DH740」

 スマートフォンやタブレットとはBluetoothでワイヤレス接続できるほか、AirPlay再生も実現。Bluetooth接続時は標準コーデックのSBCのほかAACにも対応しているため、高音質でのワイヤレス再生が可能だ。

 最上位機となるDN1040のみ、HDMI入力端子がMHL規格に対応しており、専用ケーブルで接続すれば、充電や電源供給を行いながら、モバイル機器の動画や静止画を最大フルHD(1080p)の映像と最大192kHz 24bit 7.1chの高品質音声で伝送ができる。

 3機種すべてで、広帯域ディスクリートパワーアンプを、さらに約20%広帯域化して搭載することで、200kHzを超える周波数特性を実現。パワーアンプ回路には、紙フェノール素材よりも剛性が高いガラスエポキシ基板を使用し、フルディスクリート構成の回路実装により信号経路やグラウンド経路を短縮しノイズの影響を低減しているという。

 4K信号の画質を落とすことなく楽しめる「4Kパススルー」機能と、HDMI入力信号やアナログ入力信号を4KにアップスケールしてHDMI出力する「4Kアップスケーラー」機能も搭載。3D映像信号のパススルー、オーディオリターンチャンネルに対応した豊富なHDMI入出力も備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集