シャープ、文字とイラストで操作しやすい「ビジュアルホームメニュー」採用のBDレコーダー

加納恵 (編集部)2013年05月10日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは5月9日、大きな文字とイラストで操作をサポートする「ビジュアルホームメニュー」を採用したBDレコーダー2機種「BD-W2300」(店頭想定価格:10万円前後)、「BD-W1300」(同:8万円前後)を発表した。5月29日に発売する。

 「高画質マスターエンジンBD」を搭載し、長時間モードで録画した番組もブロックノイズやエッジノイズを低減し、高画質再生を実現。録画済み番組は、録画リスト表示画面や録画番組の再生中に、リモコンの「(ポップアップ)メニュー」ボタンを押すと番組のシーンを子画面で一覧表示できる「見どころポップアップサーチ」機能を備える。

 スマートフォンに専用アプリ「AQUOSリモート予約」をインストールすれば、外出先からも番組検索や録画予約ができる「スマートフォン リモート予約」に対応。お気に入りに登録したタレントの出演番組をすばやく検索することも可能だ。

 W2300は2Tバイト、W1300は1TバイトのHDDを内蔵。いずれも地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載したダブルチューナーモデルとなる。


「BD-W2300」(右)、「BD-W1300」(左)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加